ダンス徒然~気の向くままに~
kayojazz.exblog.jp

思い込んだら一直線!情熱は全てを凌駕する!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
>>あずさちゃん ..
by kayojazz at 11:20
不思議な話ですねー・・ ..
by azusa_nikki at 10:30
>>えっちゃん 当..
by kayojazz at 09:19
さすが遠藤さん!完璧なか..
by えっちゃん at 21:58
>>あずさちゃん ..
by kayojazz at 07:58
木蓮さん~~~ KLD..
by azusa_nikki at 16:11
>>あずさちゃん ..
by kayojazz at 23:31
昨日はお世話様でした!楽..
by azusa_nikki at 10:40
>>あずさちゃん ..
by kayojazz at 12:58
>>masumiさん ..
by kayojazz at 12:55
お知らせ
フォロー中のブログ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
ライフログ
最新のトラックバック
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
大師よさこいフェスタ 【1】
from 写真の記憶
日記
from ブログ
大師よさこいフェスタ 「..
from Colors
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
市立船橋高校吹奏楽部TH..
from コトバニデキナイ
千紫万紅
from コトバニデキナイ
これもまた初!!
from コトバニデキナイ
働きマン
from 働きマン
秩父の中心で舞を踊る!
from お蕎麦(そば)大好き!fro..
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
被災地へ・後編【名取市閖上/仙台市若林区】
続きです。


岩沼駅前で食事をとった後、ナビで確認しながら名取市閖上へと向かう。


a0014141_0343346.jpg

こちらがJR岩沼駅。この駅の目の前にあるイタリアンのお店に入ったが、チョー美味しかった!



ここで、岩沼市役所でも見せていただいた仙台平野の津波浸水図を見てもらいたい。

a0014141_0382165.jpg

赤い部分が浸水したところ。想像もつかないほど広範囲の地域が津波に襲われた。


これから向かう先は、仙台平野での住宅密集地で甚大な被害があったところ。


近づくにつれ、緊張している自分がいた。














閖上地区で視察したところ。
a0014141_1153228.jpg






最初に向かったのは、先日NHKのドキュメンタリーにも登場した名取市閖上中学校。


a0014141_0474750.jpg


テレビでご遺体を抱えてうずくまる男性の方が映し出されていたその場所に来て、泣きそうになるくらい胸が痛んだ。


a0014141_0505718.jpg

こちらも幾度となくニュースで取り上げられた駐在所だ。



閖上中学校周辺。



そこから奥の日和山の方へ。

住宅地だったはずだが、今は焼け野原のように何にも無くなっている。

静か過ぎる風景・・・。



閖上中学校~日和山





a0014141_163429.jpg

閖上港から200mほどにある日和山。上には神社があったようだが、津波はこの上を乗り越えた。




a0014141_18585.jpg

周辺には10mくらい砂利が盛られてある丘がいくつかあった。

再び津波が襲ってきたときのために、重機を退避させる場所だという。




この日和山周辺、震災前は穏やかで過ごしやすい住宅街だったとことが伺える。
a0014141_114258.jpg




3月11日、大津波が来て、街が飲み込まれてしまった。

その現実の凄まじさに、言葉を失ってしまうのだった。






a0014141_1212192.jpg

震災後半年という節目もあってか、テレビ東京の中継車が来ていた。



悲しい現実・・・思わず手を合わせた。
a0014141_1231953.jpg





a0014141_9422882.jpg

消防署と思われる建物。





その後は瓦礫が押し寄せ近くの方がその上に身を寄せた閖上歩道橋から、閖上大橋へ。

a0014141_9374397.jpg

閖上歩道橋。



a0014141_9392066.jpg

こんな看板があちこちに置かれていた。




震災のニュースで一番衝撃的だった、NHK空撮による名取川河口付近
はちょうどこの辺りだ。

閖上歩道橋~閖上大橋




a0014141_9461645.jpg

後のドキュメンタリー番組で、この橋の上に取り残されていた警官が無事だったと知り安堵した。






a0014141_9484342.jpg

橋を渡りそのまま先に進んだ光景。



このまま仙台市若林区に入るつもりが、まだ通行止めの箇所があり、大きく迂回をすることにした。


a0014141_10498.jpg

今回通った若林区荒浜への道のり。



県道137号線、仙台東部道路~


県道137号線、~荒浜交差点


県道137号線、荒浜交差点付近~中丁




a0014141_1001665.jpg

原形をとどめていないガソリンスタンド。





a0014141_1014577.jpg

延々と家の基礎だけが残っている光景。





a0014141_1031020.jpg

震災前は多くの方が暮らしていた住宅街だった。




荒浜に降り立ってみて、本当に愕然とした。

住宅が建っていた証の基礎部分しかないところが延々と続く。

これが同じ日本なのかと目を疑う光景。

かつてここで何気ない日常があったのかと思うと、本当に胸が痛み泣きそうになった。


a0014141_1012721.jpg



a0014141_10152478.jpg



a0014141_10174513.jpg



a0014141_10185015.jpg



a0014141_10194093.jpg



若林区荒浜は、仙台平野の中でも甚大な被害を受け、震災発生当初遺体が200~300体あったとの報道があった。

そのニュースを聞いたとき、どういうこと?とまるでピンと来なかった私。

この場所に来て、逃げるところなんて無いじゃない!と思った。

震災前は家が立ち並び、海は見えなかったという。

今は、どこまでも見渡せる荒涼とした平野。

それが本当に恐ろしかった。


若林区荒浜




立ちすくんで呆然としていたら、仙台ナンバーの方に声をかけられた。

「こちらに住んでた方ですか?」と。

私は、募金を届けに来て、その帰りに被災地の視察をしている、ということを告げた。

その仙台の方は、今がどうなってるか知りたくて来た、と言っていた。





a0014141_10371030.jpg




被災者でもない私が、ボランティアでもないのに被災地に入ることが良いのか悪いのか・・・。

でも私としては、この現状を知ることが出来て良かったと思っている。

ただ思うのは、興味本位とか観光気分でここに入ることは、その人が来たことをきっと後悔するであろう、ということ。

何もなくなってしまった光景は、それだけ重いのだ。





このレポートも、もちろん賛否両論あると思う。

そっとしておいてほしいのに、被災した人を逆なでするのか。

現地の人はもう語りたがらないのに、なぜわざわざ書く?

逆の意見もある。

復興支援と言いながら、被災地を知らないで何が復興支援だ。





そっとしておいて欲しい、をそのまま本当にそうしてしまうことは、いずれ「関係ない」になってしまいそうで怖い。

本当は大変なのに、「何も無かったような社会」で見てみぬ振りは、人間としてやってはいけないことだ。

想像しよう、何が良くてどんな行いが悪いのかを。






私は、募金をしてくださった方々のためにも、この目でちゃんと知る必要があると思った。

特に千年希望の丘の予定地をこの目で見て、今後に繋げたいと思っていた。

今回被災地を見て思ったことは、復旧は進んでいるが、復興にはまだまだ至らないこと。



だからこそ、被災地以外の私たちも「がんばろう」。

支えあい、励ましあっていきたい。

そんな風に思っている。




2部に亘る長文失礼しました。








にほんブログ村 演劇ブログ よさこい・YOSAKOIソーランへ
にほんブログ村
by kayojazz | 2011-09-12 01:23 | 地震・災害・事故 | Comments(6)
Commented by あずさ at 2011-09-12 15:59 x
現地視察、レポ、お疲れ様でした。
謹んで拝読いたしました。

「被災地を知らないで何が復興支援か」
その通りだと思います。
メディアが発達している現在だから、報道番組や震災関係のテレビやネット等で誰もが現地の様子を大体は想像出来ると思う。
でも、その地の空気を感じて、その地を体感することによって、
身に沁みて思いは更に強くなり、力に繋がるんだと思います。
レポート終盤、胸が締め付けられる感覚がありました。
本当に何も無い風景の重さを感じました。
実際まだまだ時間を要する復興活動。
改めて、自分としてもこれからを考えようと思います。
Commented by うーぴー at 2011-09-12 16:04 x
長距離の運転、募金のお渡し ・・本当にお疲れ様でした。

テレビ等の報道で色々な映像をみてはいるものの改めて「唖然」とし、胸が苦しくなる思いです。
確かに・・・なにごとも賛否両論、あるとは思いますが
事実をしっかりと見聞きし、こうやって細かく私達に伝えていただいたこと
心から感謝します。
Commented by kayojazz at 2011-09-13 01:32
>>あずさちゃん

テレビで見るのと、現地で直に見るのとは違う、と聞いていたけれど、本当に心痛む光景でした。
その空気感は、行った人にしか判らないのだと思う。
まさにあずさちゃんの言うとおりです。

岩沼は車で4時間強。
その距離の先で起こったことは、もはや他人事ではない気がしました。
群馬も同じ震度だったんだよね・・・。

復旧は進んでいるけど、復興はまだまだ遠い。
復興に向けてはこれからなんだと思います。
心を寄せて、私もまた活動できれば、と。
サマフェスはまた来年もやります!(キッパリ)
Commented by kayojazz at 2011-09-13 01:49
>>うーぴーちゃん

募金をお渡ししたとき、副市長は「ずっしりと重みがあるありがたい募金です」と仰られました。
口座での紙一枚の金額では無く、募金した方のそれぞれの想いがストレートに入った募金箱を直接お渡しできて、本当に良かったと思ってますよ。

いろいろな意見に対しては、行動を起こせば必ず何某かのリアクションがある、と思ってます。
そこを気にしていては、私も「我」だけの人間になってしまう。
何が正しいか、よりも、どうやったら長い支援に繋げられるか、の方が先決の気がします。
頑張らなきゃ!^^
Commented by ELLA at 2011-09-21 20:31 x
木蓮さんの行動、想い、優しさ、強さ…
全てに感銘を受け、心から敬服致しております。

仰る通りです。他人事ではない。
決して忘れてはいけない事実だと思うのです。

動けば必ず風は起きます。
追い風も向かい風も・・・

何が正しいかなんて答えを求めるより
この目で見た現実を、どう自分に投影出来るのか
長く自分に問い続けられるか だと思います。

生かされた私達に出来ること。
これからも続けて行きましょうね。

レポも大変お疲れさまでした。
背中を押してもらいました。
Commented by kayojazz at 2011-09-22 01:40
>>ELLAさん

この荒浜に向かうとき、ナビには「荒浜郵便局」と入れて向かったんですよ。
「目的地に到着しました」のナビの声に辺りを見回しても、何も無い・・・。
それが全てを物語ってましたね。
かつて賑やかであったろう、普通の日常の世界が、確かにそこにあった。
決して忘れてはいけないし、語り継ぐべきだと思いました。

街の復興もそうですが、被災された方が笑顔になれる日が本当の復興かと。
私ごとき何も出来るわけじゃないけど、同じ日本人として支えあいたいですよね。
私もELLAさんの行動にリスペクトされてます。
はい、出来ることを続けていきましょう!