ダンス徒然~気の向くままに~
kayojazz.exblog.jp

思い込んだら一直線!情熱は全てを凌駕する!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新のコメント
>>あずさちゃん ..
by kayojazz at 23:31
昨日はお世話様でした!楽..
by azusa_nikki at 10:40
>>あずさちゃん ..
by kayojazz at 12:58
>>masumiさん ..
by kayojazz at 12:55
久々にまとめて読ませて頂..
by azusa_nikki at 16:50
遠く千代田町まで来ていた..
by masumi at 01:36
>>あずさちゃん ..
by kayojazz at 01:38
冒頭の・・・「毎日が波乱..
by azusa_nikki at 14:02
>>あずさちゃん ..
by kayojazz at 14:30
いよいよ明後日ですね!!..
by azusa_nikki at 13:27
お知らせ
フォロー中のブログ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
ライフログ
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
venussome.co..
from venussome.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
大師よさこいフェスタ 【1】
from 写真の記憶
日記
from ブログ
大師よさこいフェスタ 「..
from Colors
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
よさこい漬け
先日、道頓堀@さんから2007年のよさこいベストを送っていただいた。

さすが道@さんが選んだベストだけあって、見応えたっぷり、堪能している。


道@さんのベスト1・とらっくは、前に見た時もっと土臭いイメージがあったが、何の何の今年の演舞はとても綺麗でまとまっていて、見事な隊列流し踊りだった。
衣装の良さも生かされている。
未だ見て慣れないのは、ルーピングのラストの部分。(笑)
一列ずつ隊列を離れ踊るのを止めていくのだが、関東では全くと言っていいほど見ることができない終わり方なので、新鮮と言うか、やっぱ驚きだ。


YOSAKOIソーラン、石狩流星海も見事!
そう言えば1年半前、大子で流星海の女の子たちと裸の交流したっけ(爆)。


函館躍魂いさり火も、前はオーソドックスなジャズ振りって感じだったが、今はまるでよさこいオペラだ。
私は・・・キライじゃない。
ワーッと感情を込めて手を上げたりするのは大好き。
このチームのカラーというのは独特だと思う。
衣装もちゃんと五稜郭路線。
それが嬉しかったりする。


こうべ夢もようは、音楽より振りに目が行ってしまった。
いかにも女性が振り付けた感じの、優しい踊りだった。


驚いたのは恋。
最初鯉のぼりを回して子どもがいっぱい出てきたから、そんな振り(どんな振り?・笑)かと思ったら、バリバリ、キレキレの動きで度肝を抜かれた。
とにかく威勢がいい。
見てて清々しくなるような演舞だった。


颯爽JAPANも若者が多くて、迫力たっぷり。
HIPHOPベースのよさこいは、ノリもいいし楽しさが弾けている。
やはりYES!頷ける。


ぞっこん町田’98は、前に見たときとは違い、すっかり高知路線。
衣装も奇抜で新鮮で、どうなっているのかと目を皿のようにして見てしまった。
踊りは、凄く上手い!
きちんと形が取れてるし、見得もビシッと決まってる。
何となく国士舞双と似た感じの振りに思ったのだが、それは私の勘違い?


GUSHはダンススクールの発表会を思わせるような衣装と振りだった。
メンバーの年齢層もそんな感じ。
とにかく勢いがいい!
弾けるような動きとパワーに魅せられる感じだった。



振付師大村憲子さんのスポットチームGAZEとCRAZEも印象深い。
四国開発グループを振付指導なさっていた大村さんという方はあまりよく知らなかったのだが、その踊りを見るとやはりジャズがベースのバラエティに富んだ踊りになっていた。
アングラ劇団出身とのことであるが、陰と陽の絶妙なバランスが取れていると思う。
大村さんは私より少し年上。
そんな意味でも、励みになる存在であると思えた。



平岸天神は、私の中ではもう別格。
初めて行ったYOSAKOIソーランで、どれだけ衝撃を受けたか・・・。
郷土色豊かに、文化にまで推し進める力を持っていると思う。



ラストの豪華3本立ては、旭食品、ほにや、十人十彩。
もう高知よさこいの魅力全開である。
これぞよさこいの醍醐味と、堪能させてもらった。
言葉はいらない・・・そんな風に思えた。



オーラス、チームデシャバリー。
益々コンテンポラリー色が強くなった小倉ワールドが炸裂だ。
真似したいけど、真似できない。
私は身体が出来てない・・・うぅ。
この振りを覚えるのは大変だろうなぁと思いながら見てた。
ホント小倉先生ってスゴイ!



道@さんがつけたこのDVDのサブタイトルは「かぶきものたち20の想い」。
かぶきものって何だろう?と調べたら・・

「傾く」(かぶく)=元は「異様な身なりや振る舞いをする」意味で、「傾き」(かぶき)=「並外れたもの、常軌を逸する行為」といった意味であった。
乱世の後、江戸幕府による天下統一がなされ、派手で人目をひく髪型や着物に身を包んだ(コスプレした)若者が徒党を組み、街中を跋扈。パワーに任せて無頼の振る舞いを行う者を「傾き者」(かぶきもの)と呼ぶようになる。そこには大衆の「華美な伊達男」といった憧れも含んでいた。
そこから「傾く」=「伝統や権威、常識といった社会の秩序に縛られることなく生きること」となった。



うん!私も「かぶきもの」なりたいなぁ。

道@さん、素敵な贈り物ありがとうございます。

・・・にしても不義理ですみません(><)。
by kayojazz | 2007-12-12 01:16 | ダンス・よさこい | Comments(4)
Commented by 火の用心 at 2007-12-12 22:26 x
「かぶきもの」というと、「花の慶次」を思い出しますね。
わたしも「かぶきもの」です。(爆゜)
Commented by kayojazz at 2007-12-13 01:48
>>火の用心さん

かぶきものは、歌舞伎の語源にもなっているんですってね。
無知でした・・・。

私は「かぶりもの」の方が似合ってたりして(爆)。
Commented by 道@ at 2007-12-13 22:03 x
かぶきもの、は、ばさら、と同義語ですよ。
ほら、名古屋にバサラ瑞浪という女将さんソーランのチームがあるし(笑)今村組の出発点である奈良や四国の丸亀にもバサラ祭があり。
>花の慶次
は、隆慶一郎の小説=一夢庵風流記(新潮文庫)の漫画化。
北方謙三の小説=道誉なり、は、佐々木道誉が主人公。
織田信長もかぶきもの、の代表です。
蛇足ですがその昔、旗本退屈男シリーズという映画がありました。
主演が市川歌右衛門で、派手な高級衣装と眉間の月型の傷がトレードマーク・・・つまり上流社会人で喧嘩ぱやいという暗喩・・(笑)

最近、歌舞伎を取り入れた作品が多くなりましたね。
ほにや=夢写楽、ぞっこん町田、など。
ま「未来は過去にあり」ですが、嚆矢は(クロニクル1.に入れた)
大村憲子さんの四国開発作品=かぶきもの、ですよ(笑)
Commented by kayojazz at 2007-12-14 00:25
>>道@さん

DVD,ホントにありがとうございました!
今回も勉強させていただいてます。

道@さんの知識は本当にスゴイですね。
道@さんに比べたら、私なんて無知蒙昧も甚だしいですよ。

ぞっこん町田と国士舞双の振付者が同一だったのは、何か嬉しいです。
見た目が間違ってなかったんだと思いました。

R-TASTEは須賀連の流れを汲んでるんですねー。
そう思って見ると、なるほど!というところがあります。
ちょっとコンテンポラリーなところもありましたし。

またいろいろ教えてください。
「あっぱれ賞」、ありがたくいただきます(笑)。