ダンス徒然~気の向くままに~
kayojazz.exblog.jp

思い込んだら一直線!情熱は全てを凌駕する!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新のコメント
>>あずさちゃん ..
by kayojazz at 09:04
先日のワークショップでは..
by azusa_nikki at 09:34
>> 日日是好日さま ..
by kayojazz at 16:41
昨日は父の日。 母の日..
by 日日是好日 at 22:41
>>あずさちゃん ..
by kayojazz at 11:20
不思議な話ですねー・・ ..
by azusa_nikki at 10:30
>>えっちゃん 当..
by kayojazz at 09:19
さすが遠藤さん!完璧なか..
by えっちゃん at 21:58
>>あずさちゃん ..
by kayojazz at 07:58
木蓮さん~~~ KLD..
by azusa_nikki at 16:11
お知らせ
フォロー中のブログ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
ライフログ
最新のトラックバック
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
大師よさこいフェスタ 【1】
from 写真の記憶
日記
from ブログ
大師よさこいフェスタ 「..
from Colors
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
市立船橋高校吹奏楽部TH..
from コトバニデキナイ
千紫万紅
from コトバニデキナイ
これもまた初!!
from コトバニデキナイ
働きマン
from 働きマン
秩父の中心で舞を踊る!
from お蕎麦(そば)大好き!fro..
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
神戸新舞(KOBE ALIVE)
道@さんから送っていただいた神戸ALIVEを拝見!!

バタバタしててなかなか書けなかったんだけど、漸く・・・ってことで。(^^;)







まずは前夜祭、神戸国際会館こくさいホールでの演舞。

安芸東陣では「迫り」の上に太鼓が置かれ、その周りを踊り子が囲むという何とも豪華な配置だ。
神楽を思わせるような出だしと迫力のある中盤のコントラストが見事だった。


平岸天神は太鼓への舞台転換も見事だった07年の作品を披露。
スピードのあるウェーブもカッコ良く、さすが天神と思わせる作品だ。
平岸天神のモットー、4S!
見習うべきところが沢山あるよなー。



ダンスクリームはいでは組の「民」を披露。
初めて拝見したのだが、小倉ワールド炸裂!といった感じでとてもとても引き込まれた。
皆さん、身体が出来ているし、なにより表現力が凄い。
(YOU TUBEでは昇龍も拝見したが、こちらも素晴らしい演舞で見入ってしまったほどだ)
基礎に裏打ちされた踊りは、本当に揺るぎがないと思った。
そんな踊りを見られたことに、感謝!




新琴似天舞龍神は艶やか且つ勇壮。
少ない人数ながらも天舞ならではの世界観、演出が際だっていた。
ちょっと残念だったのは、リノが敷いてない素の板面だったので、衣装が床と同化したように見えたこと。
1階席からはホリゾントの効果と相まって引き立ったと思うのだが、俯瞰の位置からだと床面の色がモロに響いてしまい、少しもったいなかったように思う。




Art Waveは、室内での舞台の利点を最大に生かしていた。
ブルー暗転の中で怪しく光るライトは、もう雰囲気タップリ!
踊りも妖しく艶めかしい。
思わずウットリと眺めてしまった。



十人十彩は見事としか言いようがない。
この舞台出演のために原宿も出ないで練習したということで、まさしくその言葉通りの凄い演舞だと思った。
人数も多いし迫力も満点だ。
うー・・ホント生で見たかったなぁ・・・。



前夜祭収録はここまで。
舞台で見るよさこいは、やはりストリートでやるものと全然違った。
どうもダンスの舞台を見るようなつもりで見てしまったから違和感も少なからずあったのだが、よく考えてみれば、間口20m、奥行き18mの舞台であれだけの人数に照明が均等に当たることは凄いことなのだ。
アクティングエリアも、通常であれば影になる部分が多いからそれだけ狭くなるが、ここでは最大に使えている・・。
袖幕ギリに至るまで照明がフラットに当たっているのは、やはり計算され尽くしたものなのだろう。
大人数のよさこいを舞台でやる、ということの意味を改めて考えさせられたのだった。




その後は湊川神社での奉納演舞。

舞龍人は前にも見たが、スピード感タップリのキレのある演舞は、迫力があって素晴らしい。

銀輪舞隊もカッコ良かった!!踊魂いさり火を彷彿とさせながらより都会的に、よりクールに、という感じ。
遙々東京からの出演なのだ。



メリケンパーク波止場パレードでのダンスクリームは、見たい見たいと思っていた2部作にもう1作を追加しての3部構成。
何と豪華な、ZAN~HANABI~杜の3曲パレード!!!
静かな中にも強い意志、弾き出される心の叫び、DVDで見ても本当に感動してしまうのだ。
踊る肉体は、感動を演奏する楽器に等しい・・・・見ててそんな風に思う。
振りも大切だけど、必要なのは踊る人となり。
踊る人に左右されるんだよな・・。
私も、小倉先生のワールドを体験してみたくなった。



石川の能登国湧浦七士は、男性が多いながらもしなやかでダンサブル!
衣装は火消し風で趣もタップリだ。



メリケンパークメインステージは、出演チームも照明も豪華絢爛。
天舞龍神も天神もYOSAKOIソーランの素晴らしさを魅せる魅せる!
天神の大旗はもう圧巻だった。

十人十彩も高知とは思えないほどキレまくり!
大迫力の人数だし、私もこちらの方が好みだったりする。
鮮やかな色に魅せられた作品なのだ。



ホストチーム颯爽JAPANも、一粒で2度美味しいという印象。
元気いっぱいで神戸の町を元気にする・・・・そんな愛情溢れた活気ある演舞に感じたのだった。


大賞のVOGUE038は、大賞に相応しい貫録の演舞!
ネオジャパネスクという言葉が、まさにその世界観を表していた。






道@さん、ありがとうございました!!
演舞を堪能し、また明日からいろいろ頑張って行かなきゃ。
うん、前へ進むぞ!!
by kayojazz | 2009-10-14 01:58 | ダンス・よさこい | Comments(2)
Commented by 道@ at 2009-10-15 18:02 x
さすが舞台演出のあれこれに詳しいね。
小生はよく知らないのよ、実は(笑)

ただ、YUCAさん(主催者の)と話したのは
「照明係りさんは職人肌のひとが多いから、どうしても
よさこい踊りに合わない・・暗いシーンを多用勝ち・・・し、
最近流行りのコンピュータ照明・・・曲に合わせて自動照明すること・・だと静かなパートは暗目、激しいパートは赤を多用した明るさ満載・・も止めようよ。つまり暗転から一気に全体を明るくしてエンドまで、で行こうね」ということ(笑)

能登国涌浦(わくうら)七士・・つまり能登湾に温泉を発見し、後の
和倉温泉の基礎を築いた先達七人へのリスペクトから銘銘し、全員が男性だよ(笑)
Commented by kayojazz at 2009-10-16 01:17
>>道@さん

通常の素明かりにはない「明るさ」を感じていたので、これは意図的だなーって思ってたんですよ。
読みが当たってたみたいで嬉しいです(^^)
リノリュームという踊り専用の敷物も、よさこいでは使わないことが多いから素の板面というのも頷けます。(ゴム底では足を痛めてしまいますからね)

全員が男性・・・・いやはや失礼しました。てっきり・・(笑)

あと、貴重なメールもありがとうございました!
なるほどと驚き感心しつつ読ませていただきましたよ。
私も感無量になりました。
私もいつかその世界に触れたいなーっと思います。

素敵なプレゼント、本当にありがとうございました!m(__)m