ダンス徒然~気の向くままに~
kayojazz.exblog.jp

思い込んだら一直線!情熱は全てを凌駕する!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新のコメント
>>あずさちゃん ..
by kayojazz at 09:04
先日のワークショップでは..
by azusa_nikki at 09:34
>> 日日是好日さま ..
by kayojazz at 16:41
昨日は父の日。 母の日..
by 日日是好日 at 22:41
>>あずさちゃん ..
by kayojazz at 11:20
不思議な話ですねー・・ ..
by azusa_nikki at 10:30
>>えっちゃん 当..
by kayojazz at 09:19
さすが遠藤さん!完璧なか..
by えっちゃん at 21:58
>>あずさちゃん ..
by kayojazz at 07:58
木蓮さん~~~ KLD..
by azusa_nikki at 16:11
お知らせ
フォロー中のブログ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
ライフログ
最新のトラックバック
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
大師よさこいフェスタ 【1】
from 写真の記憶
日記
from ブログ
大師よさこいフェスタ 「..
from Colors
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
市立船橋高校吹奏楽部TH..
from コトバニデキナイ
千紫万紅
from コトバニデキナイ
これもまた初!!
from コトバニデキナイ
働きマン
from 働きマン
秩父の中心で舞を踊る!
from お蕎麦(そば)大好き!fro..
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ぶっちゃけ闘病日記(買い物編)
お墓参りのついでに、巨大スーパーで買い物をしました。
お盆休みとあって、駐車場は満杯!
入り口のすぐ前で降ろしてもらい、すぐさま車椅子を借りました。
店内も人の波でもの凄く、真っ直ぐ前に進むことが困難なくらいです。
娘に押してもらって洋服など色々見て回りましたが、目線が子供と同じなのでかなり違和感がありましたね。
アクセサリー小物の店は、店内自体が狭いところが多いので、車椅子だと店員にも客にも迷惑だったようです。(そういうところは早々に退散しましたが)
本屋に行っても棚が異常に高く見え、手が届くのはベストセラーか夏休みの課題図書くらい・・う~ん、雑誌を読むこともままならないわぁ。
でも、さすが大型スーパー、身障者用トイレは充実していて入るのも出るのも楽!このままうちに持って帰りたい・・。

そのまま帰るつもりが、道路を挟んだ某アウトレットも覗いていこう、ということになり車で移動しました。
案内の人に聞いて身障者用の駐車場に止めたけど、うちの後から何気に一般車もついてきてしまい、身障者用なのにあっという間に一杯になってしまった・・いいのかそれで!
暫くは松葉杖で動き回っていましたが、10分もしないでくたびれ果ててしまい、再度車椅子を借りることに。
雨もひどかったので借りて正解でした。
リーボックの店に行ったらワゴンセールをやっていて¥5000~¥8000するものが3点で¥3000!
まだ着られもしないのに娘と二人で買いあさってきました。
こんな身体でも、ダンスのことが頭から離れないんですねー。
アディダスでも、秋物をゲット!
動けるようになったら着るんだー・・でもちょっと悲しい・・。

健康な時には解らない、車椅子での買い物体験!長い目で見たらいい経験だったかもしれませんね。
# by kayojazz | 2003-08-15 01:54 | 病気・ケガ | Comments(0)
ひふく筋断裂
やっちまいました・・。
月曜レッスンのジャンプ練習で、ふくらはぎあたりが「ブチッ」となってしまい、そのまま動けず・・。
あまりの痛さにこれは尋常じゃない、と思いそのまま病院へ。
外科の先生しかいなかったが、「アキレス腱が切れてるかも」と言われギプスで固定された。
外では先生とゆみちゃんが心配そうに駆けつけてくれた。
皆に心配をかけて、ホント申し訳ない・・。
次の日、整形外科でちゃんと診てもらうため、再び病院へ。
診断は「腓腹(ひふく)筋断裂」、いわゆる、ふくらはぎの肉離れ、だ。
3週間ギプス固定して、筋肉が繋がるのを待つしかないそうだ。
う~ん、3週間か・・笠懸祭りはダメかな?
担当の先生に一応聞いてみる。
「ダンスとか仕事とかいうレベルじゃない!普通の日常生活をどうやって送るか考えろっ!」
・・ごもっとも。
がしかし、ジャズダンス自体を考え直した方がいい、と言われた時は、私のほうが聞く耳を持たなかったが。
どんな身体になっても踊るのさ、ふんっ!

とは言うものの、生まれて初めての松葉杖生活。
思っていた以上に不便だ。
最初は面白がって(いい気になって)ヒョコヒョコ動き回っていたが、段々わきの下や手のひらが痛くなってきて、軸である右足も疲労困憊してきた。
疲れて座ってもずっと同じ姿勢には耐えられず、何だか身の置き所が無い。
PCの横に陣取り、あらゆるリモコンを手元において闇雲に時間が過ぎるのを待つ・・。
つまんないよー!!

と言うことで、日々の鬱憤をココで晴らしていきますので。
まずは闘病(?病気じゃないが)日記パート1でした。
# by kayojazz | 2003-08-12 22:14 | ダンス・よさこい | Comments(0)
切ない夏2
ダンス八木節からもう1週間が過ぎてしまった。
この1週間、何となく目をそらすように過ごしてしまったのだが・・。
結果には決してこだわらないと言っていたのに、やっぱり認めてもらいたい自分がいて、なるべく考えないようにしていたのだ。

先週の今日、結果発表の舞台上で奨励賞の3番目に呼ばれてしまった時、「そんなはずは」と「ああ、やっぱり」と言う気持ちが交錯した。
楽屋では名前が呼ばれた瞬間、皆が着替え始めたそうだ。
今年は初めて出る人が多かったにもかかわらず、練習も凄く頑張ったと思うので、せめて再演が出来ればと願ったがやはりかなわなかった。
楽屋に最後一人で残っていたら、スタッフのFさんとMさんがやってきて、「絶対入ると思ったのに信じられない」と言ってくれた。
「とてもきれいに揃ってた。凄く練習したのが分かった」とも。
また、会場では感動して涙が出た、と言ってくれた人もいた。
入賞こそ出来なかったが、評価は今年が一番高かったように思える。
・・それが一番嬉しい。
他の誰でもない、うちの踊りを踊るのだ、という意識はみんな持っていたから、卑屈になることも嘆き悲しむことも無い。
みんな、本当に頑張ったよね。
食事を兼ねた打ち上げで、本番中のちょっとした失敗談を笑いながら
話す仲間に、また感動。
私も、悔し涙にくれた去年とは違い楽しく話すことが出来た。
家に帰ってからビデオを見たが、想像以上の出来の良さにちょっと涙腺が緩む。

今回は泣かないと思っていたのだが、何故か翌朝になってから泣けて仕方が無かった。
ジャンボパレードに出るため、午前中から商工会議所にいたのだが、ジャズのH先生からのメールで涙が止まらなくなってしまった。
「ほんと、良かったですよー」観に来てくれたのだ。
そんな折、警備のトラブルもあってますます大泣きに・・。
男闘呼組やジュニアの子達のいる前で醜態を晒してしまい、今思えば恥ずかしくていたたまれない。

去年も泣きながら舞台の解体を眺めていて、切ない夏になってしまったと思っていたが、今年も切ない夏パート2だったのだと、改めて思ったのだった。
# by kayojazz | 2003-08-09 22:15 | ダンス・よさこい | Comments(0)
戦隊シリーズ
先日、ワンナイを見ていたら、チンピラ戦隊クズレンジャーというのがやってました。いやぁ、受けた受けた。
戦隊ものがまた流行っているのかと、6歳になる姪っ子に聞いたら、今TVでやっているのは「バクニュウ戦隊アバレンジャー」だとか。
ぬゎにー?爆乳戦隊だとー!?
いやー最近の子供番組はすごいのねー、小池栄子みたいなお姉ちゃんたちが、昔の『プレイガール』の由美かおるばりに、パンツ見せながら戦っているのねーと思わず興奮して聞いてたら、何のことは無い「爆竜戦隊」とのこと。
なーんだそうなのか、と思いつつ、ま、それはそれで「こち亀」ファンなら笑えるネタではありますがね。

そう言えば、戦隊シリーズの第1作目は「秘密戦隊ゴレンジャー」でしたね。
アカレンジャー、アオレンジャー、モモレンジャーまでは許せたけど、なんでミドレンジャー、キレンジャーなのか・・。
秘密にしては名前が目立ちすぎ?と思うのは私だけかしら?
そのあとにも、デンジマンやらダイナマンとかいろいろ続くけど(はっきり覚えてません)うちの子供たちの時代は「超獣戦隊ライブマン」(嶋大輔さんが主演でした)が少しかぶって、「高速戦隊ターボレンジャー」、「地球戦隊ファイブマン」、「鳥人戦隊ジェットマン」が主流でした。
「ファイブマン」は5人兄弟揃って小学校の先生で、小学校にもかかわらず担当教科があり、(ちなみにレッド←理科、ブルー←体育、ピンク←算数、ブラック←国語、イエロー←音楽)
まるで『聖職の碑』のような素晴らしい先生たちでしたが、年中敵が襲ってくるため授業にはほとんど出られなかったんですね。
子供中心の「ファイブマン」に比べ、「ジェットマン」は、昼ドラ顔負けのストーリー展開で、ずいぶん楽しませてくれました。
ピンクをはさんで、レッドとブラックが三角関係を繰り広げて、最終回では何とブラックが刺されて死んでしまうという、やるせない終わり方には泣かされました。
その後も、ケイン・コスギの「カクレンジャー」や、アメリカでも放映された「ジュウレンジャー」(「オーレンジャー」かも?間違ってたらゴメンナサイ)など、戦隊シリーズはあなどれません・・。

もしも、TJDが戦隊だったらー?
「鳴子戦隊オバレンジャー」ってとこでしょうか?!
# by kayojazz | 2003-05-06 00:19 | 日々思うこと | Comments(0)
あだ桜
桜の花も満開となり、もうすぐ桜吹雪になりますね。
毎年この頃になると、作家の故向田邦子さんのエッセイを思い出します。
タイトルは「あだ桜」。
「父の詫び状」の中の一説ですが、けだし名文です。
無為に過ごしてしまう人生の愚かさと人間の切なさを、自分と祖母の生き方になぞらえて綴っていくくだりは圧巻ともいえます。
今日と同じ生活が、明日も続くとは限らない、綺麗に咲いている桜が明日も同じように咲くわけではない、夜中に嵐が来て散ってしまうかもしれないのだから・・。
明日やればいいとか、明日まで待てばいいとか、無為に時を過ごしていると、夜中の嵐で後悔することになる、のでしょう。

「明日ありと 思う心の
あだ桜
夜半(よわ)に嵐の 
吹かぬものかは」

分かってはいても、同じ過ちを繰り返してしまうものですね。
私も”夜半に嵐が吹きっぱなし”です。
# by kayojazz | 2003-04-09 00:15 | 日々思うこと | Comments(0)
涙の意味
悲しくなかったから、泣かなかったわけでなく、
ただひたすら耐えていた・・泣くわけにはいかないから。
周りを鼓舞し、叱咤激励するのは自分だと決めて・・だから尚更泣き顔は見せられない。

冷静とか冷淡とか言われようと、決して泣き顔は見せまいと誓いたい。

チャンスがあっても無くても、決してあきらめない。
僅かな可能性でも、ひたすら前進していこう。

嵐のような風が吹いた日、病院にて
# by kayojazz | 2003-03-02 00:09 | 病気・ケガ | Comments(0)
八木節のルーツ
興味があると調べずにはいられないB型の私は、去年のダンス八木節準備の頃から八木節の起源についてずっと考えてました。
八木節の出現自体はそんなに古いものではなく、明治末期から大正にかけて堀込源太(初代・渡辺源太郎)が完成させて現在に至ります。
が、そのモデルとなった元歌と言えば、例弊紙街道、木崎宿の木崎節にあるといえます。
木崎節は口説節のひとつと言われ、テンポも歌詞も八木節より遅く、暗かったと言われています。
その木崎節の元歌を歌っていたのが、木崎宿に越後から売られてきた飯盛女でした。時代は江戸末期頃です。
「飯盛女」だと体裁はいいですが、実際には体を売っていた遊女です。
その女たちが故郷を懐かしんで歌っていたのが「新保広大寺くずし」で、越後(今の新潟)で唄い継がれてきたものでした。
当の越後では、「瞽女」(ごぜ)がこの唄を唄っていたようです。
三味線で唄いながら各地を回り、生計を立てていた盲目の女性たちが、「瞽女」です。(現在も人間国宝として存命の方もいます)
瞽女は御前がなまったもの、とする説があります。
「出雲の阿国」が日本で最初の歌手兼ダンサーであるとするなら、瞽女もその流れを汲んでいると思われます。

陽気で軽快な男性主体の八木節も、突き詰めれば女性の唄だったんですね。
民謡の奥深さや歴史の重みをとても感じました。
すごく良い勉強になりましたよ。
# by kayojazz | 2003-02-24 00:08 | ダンス・よさこい | Comments(0)
個人輸入に挑戦、その後
ついに届きました。
1/25に来たので、22日の
発送から3日で届いた事になります。
もっと時間がかかると思っていたので、早かったですね。
納品書を見ると、関税も消費税も引かれておらず(アメリカは州によって違うけど、売上税が7%程度加算される)商品代金と送料で$77.45。
23日のレートが119円だったから、日本円にして9217円(四捨五入)。
・・・チャコットで買うより5000円くらい安いです。
ただし、関税が掛かる場合、配送業者が立て替えて払うので、後から請求が来るかもしれません。

今回私が頼んだ会社はDDS(Discount Dance Supply)というところで、そこは国際宅配便のフェデラルエキスプレス(Fedex)しか使わないとのことでした。
日本では日通が請け負っているので、その点は安心で簡単でしたが、送料の高さは否めません。
海外のオンラインショッピングを利用するなら、国際スピード郵便(EMS)が使えるところがいいかなと思います。

届いたジャズブーツですが、アメリカ女性サイズ7.5Wでいくらかきつめでした。(でも革だから多分ピッタリになります)

向こうは長さのほかに幅も選択できます。TとWの2種類あって、日本人はWを選ぶ方が一般的に良い、とあったので私もWを選びました。だんびろ甲高ってやつですね。
もう少ししたらレッスンでデビューさせたいです。

今回初めて個人輸入をしてみましたが、向こうのカスタマーサービスの方々とメールでやり取りしたり、関税やSSL暗号化について調べたりと、(大変だったけど)すごく面白かったです。
海外にFAXを送るのも、マイライン契約でかける番号が違うなんてことは全然知りませんでしたし・・。(マイラインかマイラインプラスの契約をしてあれば、頭に010+国番号+相手先でかかる。契約無しの場合、電話会社を指定してその認識番号を入れてから。詳しくはマイライン国際通話で検索して調べてくださいな)
機会があれば、また挑戦
してみるつもりです。
大げさかもしれないけど、何か世界観が変わります。
シューズひとつでこれだけの経験が出来て、嬉しいです。
以上後日談まで。
# by kayojazz | 2003-01-28 12:51 | ダンス・よさこい | Comments(0)
個人輸入に挑戦
受験生を持つ親にとって最大の悩みはやはり金・金・金・・。
火の車の家計である我が家では、自分の趣味につぎ込む金はなかなかありません。(悲しい・・)
ジャズシューズも穴が開いてしまい、かといって1万数千円もするものをポンと変えるわけも無く・・(T_T)
何か良い方法はないかなぁーと色々サイトを覗いていたら、「あっ!」と驚くところを見つけてしまいました。
・・ウッフッフ、海外の通販は半端じゃなく安いじゃんー。
定価で半額以下、SALE品は1/4程度。
送料入れてもかなり安い!

で、個人輸入に挑戦と相成りました。
解らないことだらけなんで、念入りに調べてから(その会社の信用調査までしましたよ)オンラインで注文しました。
ジャズブーツ$46.90送料$30.55
日本で買えば倍はする、やったー!

・・・しかし・・関税をまったく頭に入れてなく、税関のHPを見て愕然としてしまいました。
革製品の関税はワシントン条約の関係もあり、最大60%または4800円の高い方、と書いてありました。
何ですと?!
また、革靴の種類にも数多くの税別ランクがあり、底がゴムか皮かでも金額が違うことが判明。(あたりまえだが底が革製のほうが高い)
げげっ、頼んだのはオール革製、あぁまいった。
注文した会社からは「早く署名せい」とメールは来るし(クレジット社会のアメリカでは、本人直筆のサインがないと決済できない)もう顔面蒼白です。
もうしょうがないので「いったいいくらかかるのか」と相談センターに聞いてみたら、「1万円以下は免税ですよ。・・でも革だし、税関通るまでなんとも言えません」それが答えかーっ!

という訳で、いくら請求されるか判らない物がじきに届きます。
届いたらまた報告したいと思います。
あぁ、ドキドキ。
# by kayojazz | 2003-01-22 12:49 | ダンス・よさこい | Comments(0)
一年の計
「一年の計は元旦にあり」といいますが、私の場合、いっぺんに決めるのではなくて、着実に一歩一歩進めていければそれで善しとしよう、と考えてます。
今年のダンス八木節には、もう入賞は望めないと聞いてしまいましたが、それで悲観するのでなく、むしろ自分たちらしさで乗り越えていけたら、それはそれで素敵なことなんじゃないかなと・・。
「努力は必ず報われるとは限らない」
今年になって初めてガーンときた言葉です。
確かにその通りで、努力の末、良い結果が待っていたというのは全部ではないですから。
今年は努力する過程をただただ楽しもうと思ってます。
妥協しないで、納得するまでやってみたら、結果はどうであれ「甲斐」があると信じてます。

私の好きな作家山本有三
の言葉です。
「人間、ほんとうにやりたいことをやらなかったら、
生まれてきた甲斐が無いじゃないか」
# by kayojazz | 2003-01-07 12:49 | Comments(0)