ダンス徒然~気の向くままに~
kayojazz.exblog.jp

思い込んだら一直線!情熱は全てを凌駕する!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新のコメント
>> gabunomi_..
by kayojazz at 01:10
おはようございます。 ..
by gabunomi_kun at 08:36
> gabunomi_k..
by kayojazz at 23:46
おはようございます。 ..
by gabunomi_kun at 08:54
>>あずさちゃん ..
by kayojazz at 00:30
昨日はまた治療と病院付添..
by azusa_nikki at 13:32
>>あずさちゃん ..
by kayojazz at 01:34
木蓮さん、サマフェス、今..
by azusa_nikki at 11:57
>>あずさちゃん ..
by kayojazz at 06:45
お疲れ様です!!! な..
by azusa_nikki at 11:05
お知らせ
フォロー中のブログ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
ライフログ
最新のトラックバック
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
大師よさこいフェスタ 【1】
from 写真の記憶
日記
from ブログ
大師よさこいフェスタ 「..
from Colors
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
市立船橋高校吹奏楽部TH..
from コトバニデキナイ
千紫万紅
from コトバニデキナイ
これもまた初!!
from コトバニデキナイ
働きマン
from 働きマン
秩父の中心で舞を踊る!
from お蕎麦(そば)大好き!fro..
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
早く良くなれ!
今朝、動物病院から電話があった。
「退院になりますので、引取りに来てください」
ん?もう?
事情が判らないが、ジャズがあるので準備万端整えてから、折りと病院に向かった。
着くと先生が「元気があるっっていうか、家で安静のほうがいいと思いまして・・」
「元気」の言葉に少しホッとする。
促されて病室に行った。
「凄く興奮してるんですよ」と先生が扉を開ける。
すると天ちゃんはもの凄い形相で先生に嵐を吹いた。
興奮しすぎてパニック状態だ。
「ママがお迎えに来たよ」と先生が言っても、ギャーギャー暴れてしまう。
すぐに抱きかかえ、ヨシヨシすると、天ちゃんはスーッとおとなしくなった。
ママだと判ったみたいだ。
その後は爪を立ててずっとしがみつきっぱなし。
麻酔が覚めて、知らないところに閉じ込められて、余程怖かったのだろう。おまけにお腹は痛いしね。
こんなに小さいのに、辛い体験をして本当に可哀そう。
家に帰った後も、神経過敏状態はすぐには治まらなかった。
折りに天ちゃんを任せて、とりあえずジャズに戻った。
終わってすぐに帰り、様子を聞いたら少し落ち着いたと言う。
麻酔の影響か、天ちゃんの口は開いたままだ。
ダラーっとあごが下がりよだれが出てる。
頭も変な風に振るときがあるし、ちょっと心配だ。
身体も一回り小さくなってしまったよう。
吐き続けて何も食べてないのだから、当然なんだろうけど。
落ち着いてからは、ひたすらコタツの中で寝ていた。
先生からも「ゆっくり寝かせてあげてください」と言われていたので、たまに中を覗いて一緒にうとうと。
私がコタツを出ると天ちゃんも出てしまうので、用事が何も出来ないが今日はとにかく一緒にいてやろうと思った。

手術費用は5万円強。
他の病院と比べるととても良心的だ。
先生も丁寧に説明してくれる。
ただ、これが高いか安いかは個人の考えによるかもしれない。
私は、何が何でも必要な分払わなければいけないと思っているが、今日話した人は、「何でそんなにお金をかける?まぁ猫にそれだけ払う余裕があるのはいいよね」と。
余裕なんか決して無い。
手術しなければ死んじゃうから、何とか工面したのだ。
もちろん一括では払えない。
残りは月末。
あずさちゃんじゃないけど、生きてるだけで、それだけで十分なのだ。

天ちゃん、早く元気になるんだよ。
# by kayojazz | 2004-01-27 23:09 | 病気・ケガ | Comments(0)
頑張れ天ちゃん
今日でちょうど4ヶ月目の猫の天ちゃんが、大変なことになった。
昨晩、餌をやったあとから元気がなくなり、ゲーゲー吐き出したのだ。
プックリふくれた脇腹がさらに大きくなり、さすると気持ち悪そうにげーっと吐く。
暖かい部屋が嫌らしく、寒い廊下でジーっと苦しさに耐えていた。
今朝起きてみると、天ちゃんはやはり部屋にいず、トイレ(天ちゃん用)の横でがたがたと震えていた。
あわてて胸に抱きかかえ、暖めてあげるも天ちゃんはぐったりしたままだ。
折りは学校を休み、私は仕事を休んで即行病院へ連れて行った。
(別に二人で休むことは無かったが・・)
獣医さんはいろいろ検査をしてくれて、出た結果が、嵌頓ヘルニアによる腸閉塞。
奇形と思っていた脇腹の出っ張りは、先天性のヘルニアだったのだ。
レントゲンで見ると出っ張りの中は、胃の一部、小腸、腎臓、肝臓まで入っていたらしい。
すぐに手術しないと命が危ないと言う。
「お願いします」としか言えない私たち。
月齢が小さいので、手術中に急変するかもしれないと聞かされる。
・・もう祈るしかない・・。
手術が終わったら連絡するとのことで、一旦家に帰った。
バタバタ走り回っていた天ちゃんがいない家は寂しかったなぁ。
犬のタローも心なしかしょんぼりしている。
4時少し前に病院から「手術が無事終わりました」と電話が来た。
折りと一緒に早速面会に行く。
先生の説明によると、重症のヘルニアで内臓も癒着していたが、腸も壊死しておらず、修復して筋肉を縫い合わせたそうだ。
病室(?)に案内してもらい、やっと天ちゃんと対面。
お腹の毛を広範囲に剃られて、縫った傷跡がむき出しで見える。
麻酔が効いているので、もぞもぞ動くも意識は朦朧としているようだ。
思わず「天ちゃん、良く頑張ったねー」と声をかけた。
折りも「天ちゃん天ちゃん」と声をかける。
すると天ちゃんは声が判ったのか、ミャーと鳴きながらこちらへ来ようとする。
先生が扉を開けてくれたので、頭をなでてあげた。
目を見ると「抱っこしてよ」と訴えているようだ。
「天ちゃんはちょっとの間ここで病気を直すんだよ」とまた声をかける。
折りの目はすでに真っ赤だった。

死んで当然の状態から生まれて、また命の危機にあっている天ちゃん。
でもきっと大丈夫。
退院して傷が良くなったら、またポンポンで遊ぼうね。
子猫用の美味しいキャットフードも買っておいたよ。
だから・・頑張れ天ちゃん!
明日も会いに行くからね。
# by kayojazz | 2004-01-26 23:08 | 病気・ケガ | Comments(0)
紙芝居
今日、仕事で田沼へ行った。
トイレを借りるつもりで、田沼道の駅に立ち寄ったが、売店で思いもかけない懐かしい物を見つけてしまった。
「黒蜜のゼリー」。
ベコベコのクリアカップに入ったゼリーに黒蜜をかけて食べる物だが、
佐野では結構有名である。
父と母におみやげとして一袋買ってみた。

佐野は私の生まれ故郷だ。
8歳までを佐野で過ごし、その後は桐生、薮塚、笠懸を転々としてきた。
小学1年の頃、放課後の学校の校庭には紙芝居がよく来ていたものだ。
その紙芝居では、しんこ細工を売っており、それを食べながら紙芝居を見た。
しんこ細工は、しんこもちを動物の形に整えて割り箸にさした物だ。
色は白ばかりでなく、赤や緑のものもあり、いろいろな色を使って動物を作っていた。
私は鳥を作ってもらうのが好きだった。
紙芝居の箱の下の引き出しからしんこもちを取り出し、ヒョイヒョイとおじさんが作ってくれたが、子供心にも凄いなーと思ってみていたものだ。
紙芝居の「黄金バット」より、しんこ細工のほうが好きだったなぁ。
(ちなみに私は昭和30年代後半生まれ、戦前ではない)

今は自転車に乗った紙芝居屋など、決してお目にかかれないが、今日の黒蜜ゼリーを見て、フッと思い出した。

帰った後実家に持って行ったら、喜んだのは言うまでも無い。
# by kayojazz | 2003-12-29 23:03 | 日々思うこと | Comments(0)
初吹雪
・・・今日は雪が降っているわけで・・
・・・それも吹雪なわけで・・

てなことで、今凄い勢いで雪が降っている。
昼間から底冷えのする冷たい風が吹いていたが、よもや雪が降るとは・・。
昨日の御通夜で、斎場の係員に間違えられたため(普通に黒のスーツ?だったのに)今日はワンピースにしようと思ったが、寒くてやめた。
告別式の後、H先生とあずさちゃんとで、少しお茶することに。
来年からのH先生のクラスリニューアルにともない、教室のネーミングの話になった。
H先生はカッコいい名前を探していると言う。
D-ZONEというのが最有力候補だったが、他と似すぎているのでダメとか。
私とあずさちゃんも、参考になれば、といろいろ考えてみた。
私「『パッション スクエア』なんて情熱的」
う~ん、フルーツみたい。
あずさ「ヨガひさこ」
芸名じゃないんだしー。
あずさ「クラブひさこ」
会員制の飲み屋か?!面白いぞ、あずさ!
私「じゃ、単純に『丸山ジム』」
身体鍛えるのか?
あずさ「リラックスってことで、『リラクゼーションルームひさこ』」
マッサージ付かなぁ。
H先生「なんかさー、女の人ばっかりだったら『ヨガリーナ』っての可愛くない?」
可愛いって言うか、別の意味が・・。
私「花鳥風月みたいに、和風っていうのは?」
H先生「丸山庵」
チラシ配ったら、出前の注文が来たりして。

つーか、みんなもっとまじめに考えようね。
う~む、不謹慎にも程がある。ごめん!
# by kayojazz | 2003-12-20 22:48 | 笑える話 | Comments(0)
苦渋の選択
今日は定期検査の日。
待つこと2時間でやっと診てもらえた。(予約なのに・・)
全体の大きさは10×11センチくらいとか。
薬はあと3ヶ月続けることになった。
ただ、やはり長くは使えないらしく、その後はまた前の薬に戻すとか。
私「太ったんですけど」
先生「あの薬はねー。太るんだよね。むくみもある?」
私「凄くむくみますー」
先生「やっぱりねー。むくみがでちゃうんだよね」
私「あと10年もちますか?」
先生「う~ん、無理かな」
・・無理かい!!
このまま薬で逃げ切りたいけど、肝機能の低下もあるとのことで、どこかで決断しないといけないらしい。
検査と薬漬けになるくらいなら、いっそ手術と思うけど、取ったら最後二度と戻っては来ない臓器なのだ。
選択肢はまだあるから、よく考えるようにと言われた。
選択と言っても全ては試みた。
・・健康を取り戻すなら手術だろう。

夕方、父が接骨院に行ってきたらしい。
接骨院の先生から「娘さんはこのままだと足がダメになる」と言われたそうだ。
半月板が欠けているのは確実で、手術しないと踊れなくなるかもしれないとのこと。
・・ってまた手術かい!!
命に別状があるわけではないが、これだけ手術が目白押しってのもあんまり無いよね。
どうせなら二ついっぺんにやってしまうかなー。

長く踊りつづけるためには、どうするか選択が必要。
本当の意味での答えは判っている。
・・でもねー、夏に怪我したとき、ずっと踊れるのを待っていたんだ。
また待つのは辛いよ。

とかなんとか言いつつも、明日はきっとレッスンに行ってしまうだろうな。
# by kayojazz | 2003-12-04 22:53 | 病気・ケガ | Comments(0)
さぁ、本番だ
昨日は発表会の本番だった。
前日寝てしまったので、朝6時半に無理やり起きて3人分のアイロンをかける。
8時半に近所の美容院に行って、髪をセットしてもらう。
その後はもう時間との戦い。
集合時間の10時半を少し回って、会館に滑り込む。
・・先生はまだ来てなかった・・。
11時過ぎに先生が来たので、廊下でフィナーレの合わせ。
その後、舞台でフィナーレ×3、祭り×1、SOUKIとの合わせ×各2のリハ。
ゲネプロが2時に決定したので、それまで準備・昼食。
その間私は足が持つように、がっちりテーピングをしてもらう。
ゲネプロは、それは恐ろしいものになってしまった(個人的に)。
間違いの大嵐で、どれもメチャクチャ。
おまけに衣裳は破れるは、先生に怪我をさせるは、でひどく落ち込む・・。
何か今年はついてない・・ふと、そう思ってしまった。
毎年絶好調であるはずも無く、こんな年もあるさ、と自分に言い聞かせてみたが、落ちるばかりで浮上できない。
何とか気持ちを切り替えようとコーヒーを飲んだりしてみたが、トイレが近くなってしまい、あ~ぁって感じ。
お客さんが物凄い人数いる、とのことで開場が15分早まる。
客入れが早かったせいか、開演はほぼ定刻。
いつもの年とは違う緊張が走り、手が冷たくなってしまう。
いよいよ本番。
オープニングで、間違えたことの無い時間差を間違える。ギョエー!
リハで間違えたところは何とかクリア。ほっ。
マイラブは、客のことは忘れてひたすら振りだけに集中する。
(集中しなくちゃ、と考えるところが集中できてないが・・)
アベンジャーは、もうどうにでもなれ、と逆に気持ちが楽だった。
ポーズで待つ部分が多く、客席を見れば立ち見のお客さんが一杯なので、びっくり!やっと笑顔も出せるようになる。って笑顔の踊りじゃないんだけどね。
祭りは衣裳のこともあって、やはり緊張。
後半、先生が隣なので、もっと緊張・・ガチガチだぜ。
休憩にホッとするが、足首にガタが来てズキズキ痛む。
2部は全てヒールなので、不安がよぎる・・何とか持ってほしい。
アイガッチャは、危険なダブル(バーのすぐ前)をシングルにしてやってみる。
そうでなくても、片足で立つのはグラグラなのだ。
ハラホロは、今回の演目の中で一番お気楽に出来た。
もちろん、声も出しまくり。
ボンボン合唱団には、自分でもボンボン言いながらゲラゲラ笑ってしまった。
最後のスティングはやはり緊張。
リハでマジックテープがレオタードに貼りついてしまったので、同じことにならないよう注意する。
今回一番頑張って踊りたい曲なのだ。

フィナーレも打ち上げも楽しかった!
でも、今日になって聞いた私の評判は、皆口を揃えて「デブ」。
え~ん、悲しい・・。
来年はダイエットして違う自分に変身するぞぉ!
# by kayojazz | 2003-11-30 22:39 | ダンス・よさこい | Comments(0)
リハ&イベント
昨日は2回目の舞台リハ。
休日ということもあって、ほとんど全員集まった。
前回と同じにジュニアが終わってから、一般クラス。
SOUKIの方々とも初めて合せる。
私は足が痛いので、オールタイツの下は足首から膝上まで包帯グルグル巻き。
その上からサポーター2本巻いたので、みっともないことこの上ない。
「アベンジャーズ」で借りた革パンツも、左だけパンパカパンで上手く入らないので、履くのをやめた。
仕方ないので別の黒パンツを履いたが、それを見た先生が一言、
「えんどうさんだけ、地味じゃなぁい」
言われてみれば、エアロチックだいねー。ワンツー・ワンツー!
「祭り」も昨日はほとんど人数が揃った。
ただし、ビデオ業者のK上さんいわく、「大賞チームとは思えない」ほどの出来の悪さとか・・。
木曜にでももう一度合せないとねー。
今回はパパがビデオで記録を撮ってくれたが、「ハラホロ・・」がとても懐かしかったと言っていた。
「出てる人もほとんど変わってないんだね」←いや、結構変わったよ。
オープニングも、今までになく斬新だったと言ってた。
でもねー、流れ的には良くても、個人的にはねー・・あぁ、もっと練習しないと・・。

で、今日は朝一でイベント。
たけのこ保育園のお誕生会に呼ばれたのだ。
園児のお母さんよりもお姉さんのおばさんたちが踊るのだ。
みんな、泣かないか?!
しかし、園児が泣く前に私が泣いていた。
雨と寒さで、足が痛くてたまらない。
おまけに時間を間違えて大遅刻する人がいて、私はかなり不機嫌になってしまった。
みんなとあまり口を利かなくて、ホントに申し訳ない。
1歳~5歳位の子供たちばかりの前で踊るのは初めて。
どんな反応をするか心配だったが、子供たちは真剣に見てくれた。
それどころか、帰りは戦隊ヒーローショーばりに握手攻めにあい、まぁ、嬉しかったこと。
後から聞いたが、私たちが帰った後も、子供たちは自分の気に入った振りを真似して踊っていたそうな。
パジャマに着替える時も、シャツをハッピのようにぶん回していたらしい。
なーんて、可愛らしい子供たちなんでしょ!ヨシヨシ。

何だか毎日めまぐるしいけど、子供たちの元気をもらったし、あと少し頑張っていくぞ!
# by kayojazz | 2003-11-25 22:37 | ダンス・よさこい | Comments(0)
行ってきました!日光
そぼ降る雨の中、行ってきました日光に!
朝起きてガーン!!霧雨やん。
向こうに着くまでに晴れれば良いけど、と思いつつ8:20に出発。
晴れてれば紅葉がきれいなんだろうなーという122をひた走り、日光に着いたのが10時半。
着いてもやっぱり雨だった・・。
控室である武徳殿で衣裳に着替え、早速最初の会場である二荒山神社へ向かう。
会場を見てビックリ!駐車場が会場なのだが、舗装などはされておらず水たまりだらけ。
全員衣裳のことを考え青くなる。
旗を地べたに置くことも出来ない。
結局、同行の家族に旗を持っててもらうことにして、いざ演舞。
フォーメイションは、いろいろ考えた末、やはりそのままでいこうということにして踊った。(でもねー、ビデオ見ながらほとんど寝ないで考えたのよー)
ぬかるみで足が覚束ないのもあり、変更はリスクが大きすぎるのだ。
お客さんの反応は、すごく良かった。
終わってすぐ移動で、次は表参道。
何と何と、地面が傾いてるではないか。(って坂道だから当たり前)
こんな状況下で踊ったことなど、もちろん初めてで、みんな悲鳴を上げながら踊っていた。
バランスが取りづらく、結構足にくる。
新田町から来たという方が、熱狂的に応援してくれたのがとても嬉しかった。
そして次が、五重塔メインステージ。
さすがにここは観客が多く、五重塔を背負って(何とステージすぐ後ろ)の演舞だからちょっと緊張する。
ステージが板張りなので多少滑ったが、ここでの演舞が一番踊りやすかったし、気持ちよかったかな。
午前最後のトリを務め、その後はみんなで「よっちょれ」。
またまた蔵っこの方々と踊ったけど、もう凄く楽しかった。
昼食を食べた後は、再びメインステージでの演舞。
見た目を少し変えたくて、腹掛を紺から赤にチェンジして踊ってみた。
雨がひどくなっていたので、お客さんはかなり減っていたけど、評判はなかなか良かったようだ。
その後はまた二荒山神社で、民族大移動。
髪も衣裳もずぶ濡れで、おまけに寒さもひどかった。
この頃になると、みんな寒さと疲労で、逆にハイテンションになっていて、いろんなとこで掛け声を出し合い面白かったなぁ。
で、最後の演舞が坂道の表参道。
もう足もフラフラで、回ったりするととんでもない方に移動してしまったが、何でもあり!という感じで、みんなノリが凄かった。
最後の決めのポーズでは、観客からクラッカーの紙テープが舞い、派手に終わらせてもらったので、有終の美が飾れたかな?!
しかしながら、閉会式の総踊りまでは参加する体力がなかったので、後ろ髪を引かれつつも、控室まで戻ることに。
ぬれた衣裳を脱ぎ、洋服に着替えた時は本当にホッとした。
帰る前にとにかく暖かいものを、ということで、「明治の館」でコーヒーとケーキバイキング。
結構な値段を取られたが、ケーキはとても美味しかった。(一人3~5個は食べた)
その後お土産屋に立ち寄り、帰路につく。
家に帰ってからすぐに舞ダンスの練習に行ったが、体力を使い果たした私は全然踊れず、ほとんど見学していた。
少しは動いてもみたが、膝崩れを起こしてしまうのでやはり早々に戦線離脱。
明日は頑張るからねー。

何はともあれ、無事に終わって良かった。すごーく楽しかったよ。
# by kayojazz | 2003-11-09 22:32 | ダンス・よさこい | Comments(0)
高知よさこい
昨日が日光で、今日は高知の話題。
今日うちに一通の手紙が来た。
何と驚きの「関西京都今村組」からだ。
年末恒例のイーサンライブのお知らせと、来年の高知よさこい祭りに「関西よさこい連合」の一員として参加しないか、というお誘い。
個人でもチーム単位でもOKとのことなので、興味のある方はぜひご一報を。
それにしても、「今村組」はほんとに凄いと思う。
去年のYOSAKOIソーランで、同じ参加チームとして、同じ札幌にいたはずだが、その存在を知ったのは帰ってきた後だった。
あちらこちらのサイトで、もの凄いチームがある、と噂になっていて、私もすぐにビデオを取り寄せ見てみた。
う~ん、すごい!圧倒的な迫力とキレのある演舞。
一人一人の目線の強さにとても感動してしまった。
同じ場所にいながら、生で見ることが出来なかった悔しさがつのる。
ヤンキー先生こと今村先生(現役小学校教師)の個性も素晴らしい。
あ~ぁ、京都に住んでればライブ見にいけたのになぁ・・。
# by kayojazz | 2003-11-05 01:46 | ダンス・よさこい | Comments(0)
傷ついてるあなたのために
元気が出てくる素晴らしい文章を見つけました。
サイト「癒しの道」からの引用です。

悲しかったよね 
あなたに、どんなことがあったのでしょう。残念ながら、私にはわかりません。
でも、あなたがそんなに傷ついているのなら、それは辛い出来事だったんだよね、それは悲しかったよね。

 苦しいとき、辛いときは、泣いてもいい。そんな大変なことがあれば、誰だって傷つくよ、誰だって悲しくなるよ。あなたが特別弱いわけではない。誰だって同じだよ。

 でもね、あなたは立ち直れます。きっと、立ち直れます。
人生のセカンドチャンスは、きっとありあります。たしかに辛い出来事があった過去の事実は、変えることができません。
こころに傷跡は残るかもしれません。

 でも、もし今もその傷からどくどくと血が流れているのなら、その傷はの痛みはきっと治るよ。ほんの少しさわっただけでも、飛び上がるほど痛い、その傷は、だんだんいやされて、傷跡は残るかもしれないけれど、もう上からさわっても痛くない。
「この昔の傷はね、・・・」て、友達に話せる日が、きっと来ます。
# by kayojazz | 2003-11-03 02:25 | 日々思うこと | Comments(0)